認知症総合支援機構株式会社

認知症とは:認知症の原因と症状

認知症の原因

認知症の原因は、脳の病気です。そのうちおよそ60パーセントがアルツハイマー型、20パーセントが脳血管障害と言われています。また、このような病気以外にも、本人の身体・精神状態や周辺の環境状態なども大きく関係しています。

認知症の症状

認知症の症状には、どの認知症にも必ず見られる中核症状と、周囲の環境や健康状態によって起こる周辺症状(BPSD)があります。中核症状は認知機能障害とも呼ばれ、記憶障害や失行、失認、失語、見当識障害(時間や場所を間違える、知っている人を見ても誰だかわからない)などの症状が現れます。周辺症状は、不安や抑うつ、幻覚・妄想といった精神的なもの、徘徊、摂食障害、睡眠障害、攻撃性など行動的なものがあります。どちらも、本人を取り巻く環境が大きく影響しているため、周囲の人の適切な対応や環境を整えることにより症状が緩和することがあります。

症状と治療法

中核症状については薬物療法を、周辺症状については薬物療法や非薬物療法を選択します。