認知症総合支援機構株式会社

認知症とは

認知症って何?

認知症とは、何らかの病気や障害により脳の神経細胞が壊れるために起こる、もの忘れをはじめとした記憶や思考の能力が低下していく症状のことをいいます。認知症は「脳の老化によるもの忘れ」とは違い、進行すると理解力や判断力が低下し、日常生活や社会生活に支障が出てくるようになります。

高齢化社会の日本では現在、85歳以上の4人に1人が認知症といわれ、認知症は重要な問題となっています。2025年には、認知症の人は約700万人(2012年462万人)、65歳以上の高齢者の5人に1人(2012年7人に1人)となると推測されています。また、65歳未満でも脳血管障害や若年性アルツハイマー病の為に認知症を発症する「若年性認知症」のケースも見られます。

認知症高齢者の将来推計

認知症によるもの忘れと老化によるもの忘れの違い

  老化によるもの忘れ 認知症によるもの忘れ
原因 脳の老化により起こる 脳の神経細胞が壊れることにより起こる
もの忘れの範囲 体験したことの一部を忘れる 体験したことを全て忘れる
自覚 もの忘れを自覚している もの忘れに気づかない
進行度 あまり進行しない だんだん進行する
日常生活 支障がない 支障をきたす